TEA GARDEN

紅茶とパンのある日々

三越英国展で買った【テトリーイージースクイーズ】の紅茶を淹れるのが楽しい。

 

 1か月前に三越英国展2019年に行ってきました。

その時に買ってきた紅茶を淹れるので紹介します♪

 

↓ 友人と初日に潜入しました!

yutori-simple.com

 

 

三越英国展で買った【テトリーイージースクイーズ】の紅茶を淹れるのが楽しい。

Tetley EASY SQUEEZE(テトリーイージースクイーズ) 

f:id:yukiko_tea:20191006211001j:image

日本初上陸の紅茶なんです、これは!


f:id:yukiko_tea:20191006210941j:image

しかも!ティーバッグ(TB)80入りで1000円ちょっとでした♪

*英国でデイリーに飲む用ですね

*箱の下には細かい茶葉が落ちています(気を付けないと散乱します)


f:id:yukiko_tea:20191006210951j:image

ティーバッグの形がピロータイプとのこと。

テトラでもないし、普通の形でもないし、枕に似ているようにもやっぱり見えてくる!

 

これを買ったのは安かったからだけではなくて、面白かったから。

紅茶を淹れてみますね♡


f:id:yukiko_tea:20191006210947j:image

裏返すとヒモが透けて見えるんですが、そのひもを引っ張る!


f:id:yukiko_tea:20191006210931j:image

「びよーん」と引っ張って伸ばす。


f:id:yukiko_tea:20191006210935j:image

ティーカップやポットに、お湯と共に淹れて蒸らす。

蒸らし時間は特に記載されていなかったのでお好みで!

チクタクチクタクチクタクチクタク・・・


f:id:yukiko_tea:20191006211004j:image

3分経ちました。

茶葉が細かいので、このくらいの水色(すいしょく)でいいかな。

ティーバッグを取り出しますよ!!


f:id:yukiko_tea:20191006210938j:image

持ち手の紙の部分を持って・・・


f:id:yukiko_tea:20191006210955j:image

ヒモをサイドに引っ張る→茶葉部分を絞るような要領で。


f:id:yukiko_tea:20191006210944j:image

完!

 ↓ ひも付きではないかもしれないけれど

同じ茶葉はこちら♪(Amazonの方が断然安かった)

 

↓ デカフェタイプもありました♪

2個セットだとお安い件!

・・・たぶん、ひも付きではないかもしれません。

(レビューに書いてあった)

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テトリー紅茶 (tetley) デカフェティーバッグ 160bags
価格:1686円(税込、送料無料) (2019/10/6時点)

楽天で購入

 

f:id:yukiko_tea:20191006211102j:image

水色は、赤褐色。

味は、渋みが少なくて、毎日何度も飲みたくなるデイリーなお味。

ミルクティー向きとのこと。英国ではメジャーな紅茶のようですね。

(レビューを読みました)


f:id:yukiko_tea:20191006211106j:image

元々ミルクティー向きの紅茶なので、ミルクティーも夕方に楽しもうと思います♪

(小腹が空いた時間に飲みたくなります^^)

 

ティーカップならすぐミルクティーで、ティーポットで淹れたならティーバッグを出さずに入れっぱなしにして、後半からミルクティーを楽しむスタイルもよさそうです♪


f:id:yukiko_tea:20191006211111j:image

この楽しさを伝えたくて、娘にレクチャーしたんですね。

そうしたら、「そうする意味ある?」 って言うんですよ(泣)

 ・・・ないよね、わかってる、ただこの楽しさがわくわくするんです。

(親と子の立場逆転!!)

 

英国はミルクティーの国。

英国は硬水だから、紅茶の渋みや水色が出づらい。

だから、さらにティーバッグを効率よく絞る、または渋みをもっと出るように絞りまくる、のか!?

 

とにかく、私は紅茶を淹れるこの工程が楽しい。

くじけることなく、パン教室の生徒さんに、この楽しさを伝えたくてまたレクチャーします・・・笑