TEA GARDEN

紅茶とパンとハーブのある暮らし

*息子が「気胸」になりました*

ただ今、息子が入院しています。
今日は、夏休みに入った中学の友達がお見舞いにやってきて
楽しく(周りに迷惑!?)過ごして、ご機嫌でした。

 

今週火曜日夜7時過ぎ、早めに帰宅した息子が
リビングの入口で「痛い~~~」とうなり始めました。
はじめは、玄関でドンと音がしたので、どこかその時にぶつけたんだと思ったので、
ほったらかしにしてました(汗)
でも、様子がおかしいので、「どこが痛いの」と聞くと、
「左の胸肺あたり・・・」

 

私の父が『気胸』をやったことがあったので
「息は苦しい?」と聞くと、
息子が「ううん」
(違うか~・・・)

 

とりあえず、昔かかった病院に電話しましたが
なかなかしぶって、「オペ中」でお断りされました。
緊急の病院を2件ほどかけても、ダメで
結局、苦しさは落ち着いてきたようでしたが
このまま夜を過ごすのは危険と判断して、
救急車を呼びました。
病院が決まるまで、さらに何件も回され・・・
自宅からクルマで30分の病院に決まりました。
病院&医者不足を痛感しました(T_T)

 

簡単に救急車を呼ぶのはいけないと躊躇したけど、
はじめの段階で呼ぶ症状でした(T_T)

 

息子は『気胸(ききょう)』でした。
軽かったため、息苦しさがあまり感じなかったようです。
自然気胸は、肺に突然穴が開き、空気が胸腔内に漏れて肺が圧迫されて縮んでしまう病気で、突然かなり激しい胸の痛みに襲われ、息苦しさや咳などの症状を伴います。両側の肺に同時に起きれば命に関わることもありますが、そういったケースは少なく、たいていは片側の肺に起きます。また、この病気は10代や20代の、背が高く、やせ型の男性に多くみられます。 

 

今は、肺が圧迫されないように、チューブで背中から脱気しています。
笑ったり、動いたりすると痛いらしいけど、トイレにも、病院内のコンビニにも
チューブごと一緒に移動しています^^

 

明日から高校は夏休み。
しかも、部活は合宿@_@;
1週間後は1年生大会。
本人、とても悔しがっていました。。。

 

夏の練習を乗り切ったものにしか感じることができない世界は、味わえないけど、
気胸で入院した貴重な体験、あわただしい生活の中で突然のゆったりした時間を味わうのも
悪くないのかもしれませんよね♪

 

これで治るのか、いつ退院するのかわからないけど(3連休に突入だし)
今年の息子の夏休みはを二次熟語にすると・・・『療養』ですね^m^

 

お見舞いに行くと、結構、ゆっくり息子とお話できるので、楽しいです~~~(^◇^)

 

訪問などなど、ゆったりぺースになると思いますが、よろしくお願いします☆彡