TEA GARDEN

紅茶とパンとハーブのある暮らし

山型食パン~焼成温度~

山型食パンをいつもの焼成温度とは変えて焼いてみました。
うちは今、ガスオーブンですが、
200度20分以上予熱して、190度35分焼成しています。
しっかりした焼き色に釜伸び、天使のささやきが聞ける山食ができます♪

 

私がパン教室に通って5年前に習った山食は、ちょっと違いました。
(同じ協会のパン教室ですが)
140~150度 15分、190~200度 20分となっています。
その時のうちのオーブンは、電気のオーブンレンジでした。
予熱なしで150度15分、200度20~25分で焼いてました。
(ブログの始めの山食は、このオーブンレンジでこのように焼いてます)

 

ガスオーブンで、予熱なし150度15分、200度20分で焼成してみました♪


きちんと、窯伸びしているし、
キレイな焼き色です。
ちょっと、丸めの練習をしてしまったので、
高さは17cmでしたが、
充分な焼き上がりだと思います。

 

ちゃんと、天使のささやきも聞けましたよ☆

 

こっちの方が、ガス代も浮くし、
予熱もいらないから、夏も作りやすいかも。

 

オーブンレンジなら、
予熱の時間がかかるけれども、
窯伸びする時間もその分増えます。
ずっと、扉も閉めたままなので、温度が一気に下がる心配もないです。

 

それぞれの家庭のオーブンのくせもあるので一概にいえないけれど、
オーブンによって、温度の調整してみてください!
こんな温度で山食をたまには焼いてみるのもいいですよね~!